English
ページトップへ戻る

患者さんへ

手術・治療方法のご案内

 人間が生きるためには心臓は休みなく全身に血液を送り続ける必要があります。心臓を動かす筋肉に加え、心臓に酸素と栄養を供給する血管(=冠状動脈(かんじょうどうみゃく))、送り出した血液の逆流を防止するために心臓の中についている一方向性の弁、など、心臓はこれらのパーツのどこが故障しても、健康を維持することはできません。たとえば冠状動脈がダメージを受けると狭心症や心筋梗塞になり、弁が壊れると弁膜症になります。心筋そのものが弱ってしまう心筋症などを含め、原因が何であれ、心臓の力が落ちると心不全になってしまいます。
 これら、虚血性心疾患(冠状動脈疾患)、心臓弁膜症、心筋症に加え、心臓が規則正しく動いてくれないことでいろいろな問題を引き起こす不整脈、生まれつきの心臓病であるさまざまな先天性心疾患、さらに、破裂すれば命に関わる大動脈瘤などの大動脈疾患、動脈硬化などが原因で起こる下肢血流不全や、下肢の静脈が膨らみ様々な症状を示す下肢静脈瘤などの末梢血管疾患、などが心臓血管外科の取り扱う主な治療対象疾患となります。
 私たちが取り扱う病気は、生死に関わるものや、患者様にとって大きな苦痛を伴うものも多いですが、適切なタイミングで、適切な治療を行えば、命を救い、劇的に症状を改善させ、元気な身体と充実した生活を取り戻すことも可能です。治る病気で命を落としたり、長く苦しみ続けることはとても残念でつらいことです。これらの病気は、循環器内科の先生にまずは詳しく検査をしてもらった上で治療を受けることになると思いますが、適切な治療のタイミングを逃さないためにも早い時期から内科医および外科医の両方の目から診て、手術を含めた最も適切な治療を選ぶことが重要です。
 ある日突然、心臓手術が必要と言われたら、さまざまな不安や疑問が頭をよぎると思います。納得のいく判断ができるように、十分情報を集めることが重要です。当科ではセカンドオピニオンも含めて、専門家としてこれらの疾患に対するご相談を受け付けています。お問い合わせはこちらまで、お気軽にご相談ください。

  • 先天性心疾患
    小児の手術においては、どの手術法が優れているのか判断するには長い経過観察期間が必要です。
  • 虚血性心疾患
    血管の狭窄や閉塞で十分な血液が送られず、心臓の筋肉が酸素・栄養不足になった状態を「狭心症」、心臓の筋肉が死んでしまった状態を「心筋梗塞」といいます。
  • 弁膜症
    心臓の弁は心臓の各部屋の間にあって血液を滞りなく通過させ、かつ逆流が起こらないように一方行にのみ血液を流す役目があります。
  • 大動脈疾患
    大動脈瘤は心臓から全身に血液を送る大動脈という太い血管がこぶのように膨らんでくるもので通常自覚症状がありませんが、万が一破裂すると死亡率が非常に高い疾患です。
  • 心筋症
    coming soon
  • 不整脈
    不整脈とは、心臓の鼓動のリズムが乱れる状態のことです。不整脈にはたくさんの種類がありますが、この項では心臓弁膜症等に度々合併し、外科治療の対象となる心房細動について説明します。
  • 末梢血管疾患
    心臓から押し出される血液の通り道を動脈といい、心臓へ戻ってくる血液の通り道を静脈といいます。末梢血管には動脈の病気と静脈の病気があります。

外来診療

本院は高度な医療の提供、高度の医療技術の開発と評価、高度の医療に対する研修の実施等が可能な特定機能病院として厚生労働省から認定されております。当院をはじめて受診(初診)される場合は、原則として他の医療機関からの紹介状が必要となります。なお、紹介状をお持ちでない場合でも受診いただけますが、長時間お待ちいただくことがあります。また、この場合初診料の他に、特定療養費制度に基づく特別の料金として5,250円(税込)をお支払いいただくことになりますので、ご注意ください。

受診の流れ

外来受診時に必要なもの

  • ○保険証
    ・初めて受診される方
    ・毎月初めての受診日
    ・期間更新など保険証に変更があった場合
    ※保険証のない方、または持参されていない方は自費扱いとなります。
  • ○診療カード(お持ちの方のみ)
    プラスチックの診療カード(診察券)は、全診療科共通して使用できますので、紛失しないように大切に保管し、来院時には必ずご持参下さい。
  • ○紹介状(お持ちの方のみ)
    紹介状をお持ちでない方は、初診料の他に、特定療養費制度に基づく特別の料金として5,250円(税込)をいただくことになります。

診療受付時間

午前8時30分から午前11時00分

休診日

土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)
京都大学創立記念日(6月18日)

担当医一覧

診察室
410
初診・一般
担当医
心臓血管外科外来
湊谷 謙司
静脈瘤外来
升本英利
心臓血管外科外来/初診
担当医
心臓血管外科外来/初診
中津 太郎
409
心臓外科外来
池田 義
静脈瘤外来
坂本 和久
心臓血管外科外来/初診
山崎 和裕
 
小児心臓外科
池田 義
(第1・3・5のみ)
408  
重症心不全・一般/初診
第2、4LVAD外来
金光 ひでお
 
 
 

アクセス

京都大学医学部附属病院
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel:075-751-3111(代表)

お問い合わせ

予約:075-751-4891

受付時間は午前9時~午後5時(土、日、祝祭日、年始年末を除く)です。
予約は土、日、祝祭日、年始年末を除く前日までにお願いします。
お問い合わせの際には、診療番号・診療科名・担当医師名などをお知らせ下さい。

入院診療

入院の流れ

1. 入院は外来診察後、医師の指示により決定します。入院が決まりましたら外来医師より「入院予約票」をお渡ししますので、入院受付カウンター(外来棟1階入院受付窓口)で入院の申し込みをしてください。また、入院費用にかかるご相談は、あらかじめ医務課関係窓口にお申し出ください。入院日時は、後日各病棟より電話連絡いたします。 なお、病室等の都合で直ちに入院出来ない場合もありますので、ご承知願います。
2. 患者様のご都合により、入院日の変更や取消をされる場合、あるいは個室の使用(有料)のご希望等がございましたら、入院診療科の受付へ直接ご連絡ください。
3. 多くの患者様が入院及び手術を長時間待っておられます。入院および手術を必要とするより多くの患者様の診療を行うため、急性期を過ぎ、他院でも診療が可能と考えられる場合には、転院をお願いすることがあります。ご理解、ご協力をお願いします。


入院手続き

入院当日は、まず外来棟1階の入院受付窓口で下記の書類等を提出し、手続きを済ませてください。

  • ○入院当日に必要な書類
    (1) 診療カード(プラスチックカード)
    (2) 健康保険証など
    (3) 入院保証書
    (4) 入院歴についての用紙
    過去3ヶ月間に京大病院以外での入院歴がある方は、入院期間等を記入してください。なお、その時の退院証明書をお持ちの方は提出してください。

    病状等により、育成医療・養育医療・更生医療・生活保護等の公費助成を受けることができます。公費負担医療等に関する詳しいお問合せは、保険福祉掛(外来棟1階)で承ります。


入院生活について

・入院に必要なもの(入院の際には、次のものをご用意ください。)
印鑑・洗面用具・湯茶用具・箸・下着・タオル・バスタオル、
履きなれたかかとの覆われた履物等、必要最小限の日用品。

※持ち物には必ず、お名前をご記入ください。
※日用品は、北病棟地階の売店で販売しております。
※入院中の寝具(布団・シーツ・枕等)については、病院で用意いたします。
※寝衣(パジャマ)は1日70円で貸与しています。

また、盗難防止のため多額の現金・貴重品等は、持ち込まないようにご注意願います。
(南病棟1階に京都中央信用金庫のキャッシュコーナー、外来棟1階に京都銀行のキャッシュコーナー、郵便局があります。)
・食事について
食事は病院で用意いたしますので、飲食物の持込みはご遠慮ください。
なお、入院中の食事療養費は、原則として定額の自己負担があります。
・部屋について
病室は4~6人部屋が標準です。病状により病床(病室)を移動していただく場合があります。ご了承ください。
一部有料個室もありますので、ご希望の方はナースステーションでご相談ください。
・入院中の過ごし方
治療や入院生活などに関してのご相談がございましたら、ご遠慮なく医療スタッフにお申し出ください。 また、患者相談窓口を開設しておりますのでご利用ください。
入院中は患者さんの認識など医療安全の観点から、すべての患者さんにリストバンド(腕)の装着をお願いしています。
電気器具の持ち込み使用は、原則としてお断りしています。
携帯電話は、院内の決められた場所でご使用ください。
病院敷地内はすべて禁煙となっております。
本の広場―ほっこり―が、外来棟3階ホスピタルストリートにあります。病室への貸出も可能です。貸出手続きには、診察券ナンバーが必要です。(月から金の10時~16時)
・外出・外泊について
外出・外泊は、治療上医師の許可が必要です。許可を受けた方は、ナースステーションで手続きを行ってください。
・付き添いについて
付き添いは基本的に認めておりません。 ただし、症状等でご家族の希望があり、医師が必要と許可した場合は、ご家族に限り付き添うことができます。
・支払いについて
支払窓口の取扱い時間は、 月曜日~金曜日 8:30~18:00です。
入院中に要した入院料その他の費用は、原則として毎月末に締切り翌月中旬頃、料金通知書をお届けします。 通知書がお手元に届きましたら、当月中に外来棟1階「14番支払窓口」等でお支払いください。なお、退院される場合は退院当日にお願いいたします。
クレジットカード、デビットカードによる支払いも可能です。(一部ご利用いただけないカードもあります。)
特別室使用料等については保険の適用とはなりません。これらの料金は、本院の諸料金規程によりお支払いいただきます。
同じ病気で病院(他院も含む)に通算180日を超えて入院された場合、保険の自己負担分とは別に入院料の一部を負担していただきます。
入院中に他科受診される場合、医科・歯科を越えての診療は、主治医の指示がありましても初診扱いとなり、紹介なしの加算5,250円(保険適用外)が必要となります。ただし、病気に因果関係がある場合はその限りではありません。
領収書は、高額療養費の給付・所得税の医療費控除申請などに必要ですので大切に保管してください。 領収書の再発行はいたしません。(なお、有料ですが、領収書にかわるものとして、「料金納付済証明書」の発行をいたします。必要な方は、外来棟1階20番窓口でお申し込みください。)
入院の費用について、ご不明な点がありましたら入院窓口でお尋ねください。
・診断書・証明書について
入院中に診断書・証明書が必要な場合は、病棟事務にお申し出ください。(9:00~16:00)
退院後に、診断書・証明書が必要な場合で、外来受診される方は、再来受付後、各診療科窓口でお申し込みください。受診されない方は、1階エレベータ前の「診断書類等受付」でお申し込みください。
郵送や電話による診断書・証明書の依頼はお断りいたします。

ページトップへ戻る

Contact

京都大学 心臓血管外科(京都大学医学部附属病院心臓血管外科病棟)
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel : 075-751-3788(病棟)075-751-3784(医局) Fax : 075-751-4960
Mail : cvs@kuhp.kyoto-u.ac.jp
Copyright © Department of Cardiovascular Surgery
Graduate School of Medicine, Kyoto University All Rights Reserved.