English
ページトップへ戻る

ご案内

ご挨拶

京都大学心臓血管外科を代表してご挨拶申し上げます。

現代の心臓血管外科診療は、手術の発達に伴い、良好な成績が安定して求められる時代です。

当科は、臨床診療おいて地域の中での最終拠点病院として、新生児から高齢者まで安全で質の高い心臓血管手術を提供することを目標としています。

当科では年間300件以上の心臓血管手術を行なっており、虚血性心疾患、弁膜疾患、大動脈疾患、先天性心疾患のあらゆる分野の症例に対して良好な手術成績を挙げています。また、緊急手術症例に対しても常時対応しています。日々、従来の術式での治療成績の向上を目指しながら、新しい治療法も積極的に取り入れています。

具体的には、胸腹部大動脈瘤をはじめとしたあらゆる大動脈疾患に対して、最新鋭の次世代型ハイブリッド手術室で人工血管置換術とステントグラフト留置術を駆使して治療しています。弁膜疾患では、僧帽弁形成術に加え、従来では弁置換しか選択肢がなかった大動脈弁疾患に対して大動脈弁形成術も積極的に実施しています。小切開での弁形成術・弁置換術の手術体制を整備しつつ、大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル大動脈弁置換術も循環器内科と協力して施行しており、順調に症例を重ねています。また、当科は重症心不全に対する植込型補助人工心臓の実施施設です。先天性の分野では、新生児から成人先天性心疾患まで幅広く手術治療を行っています。シンプルな心内短絡疾患(心房中隔欠損、心室中隔欠損)には、術後の胸の傷が目立たない小切開手術も行っています。更に、新生児期からの段階的な手術を必要とする複雑心奇形・機能的単心室症にも積極的に取り組み、良好な成績を挙げています。

基礎研究の分野では、これまでiPS細胞を用いた心不全治療の開発や疾患動物モデルを用いての病態解析などのプロジェクトを行なっており、国内外の多くの研究機関との共同研究を含めた様々な研究プロジェクトが進行中です。現在、基礎研究の臨床への橋渡し研究(トランスレーショナル・リサーチ)として、重症心不全に対するiPS細胞由来心臓組織多層体を用いた臨床研究の準備を着実に進めています。

実臨床データを用いた臨床医学研究としては、京都大学心臓血管外科関連施設の協力の元でのレジストリ研究が可能です。京都大学心臓血管外科グループは全国の関連22施設において、年間総数7000件の心臓血管手術を行なっています。これらの施設と共にレジストリ研究を行うことにより、本邦の心臓血管外科手術のエビデンスを発信することを目標としています。

臨床、研究と並び大学のもう一つの使命は教育です。当科は、医学部生への医学教育に力を注ぐと共に、将来の心臓血管外科を担う若い医師の育成を目指しています。心臓血管外科医として最も必要な素質は、コミュニケーション能力と言えます。安定して良好な手術治療成績を挙げるには、外科的な技術が必要なことはもちろんですが、周囲との良好なコミュニケーション能力が不可欠です。心臓血管外科領域では、緊急手術や大手術を要する際には、合併症のリスクが高くならざるをえない場合があり、医療安全の観点が非常に重要です。この安全対策の観点からも、このコミュニケーション能力の育成を重要視しています。診療チームのなかでの自身の位置付けを考えながら、チームプレイを行うという意識を高めたいと思います。この良好なコミュニケーションの中で、若い医師にも執刀の機会を提供していきます。

一方、働き方改革が求められる現代においては、当科も例外でありません。若い医師が超過な勤務をする時代は過去のものとなっています。心臓血管外科で対象とする疾患は、生命に直結し、急を要する状況が多いという点からは、時に忙しい時期もあるかもしれませんが、休息とのバランスを重視しています。

生命に直結する疾患を、ダイナミックに治療できるのは、心臓血管外科の魅力でもあります。これからの日本の心臓血管外科を支える若い先生方と共に働けることを願っています。

教授 湊谷謙司

スタッフ紹介

研究メンバーはこちら

ページトップへ戻る

Contact

京都大学 心臓血管外科(京都大学医学部附属病院心臓血管外科病棟)
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel : 075-751-3788(病棟)075-751-3784(医局) Fax : 075-751-4960
Mail : cvs@kuhp.kyoto-u.ac.jp
Copyright © Department of Cardiovascular Surgery
Graduate School of Medicine, Kyoto University All Rights Reserved.