English
ページトップへ戻る

研究部門

研究グループ

慢性心不全外科治療グループ

概要

心不全グループでは、慢性心不全に対する新たな外科治療の改良をテーマとして研究を行っています。研究課題としてラット心不全モデルを用いた左室形成術後の再拡大(リモデリング)抑制効果の検討と、左心補助人工心臓(LVAD)をシミュレートしたラット異所性心移植 (unloading)モデルによる“bridge-to-recovery”を取り上げてきました。

メンバー

  • 瀧 智史(大学院生(博士課程))
  • 船本成輝(大学院生(博士課程))
  • これまでの在籍メンバー
    仁科 健、三和千里、湯浅貞稔、野本卓也、恒吉裕史、烏尼蒙和、金光ひでお、吉川英冶、塚下将樹、王 建、村中弘之、中野穣太

研究内容

1. ラットを用いた不全心に対する左室形成術後の評価ならびにリモデリング抑制の検討
ラット虚血心筋症モデルに対する左室形成術後のリモデリング抑制にはACE-inhibitor, ARB, 抗アルドステロン剤が有効であることを確認し、AHAなど数々の国際学会で発表、Circulationなどに論文報告してきました。
2. 左心補助人工心臓(LVAD)をシミュレートした”異所性心移植 (unloading)による bridge-to-recovery”
移植手技については、従来の移植心の左室を完全にunloading するcomplete unloading法から、新たに冠動脈を灌流させるpartial unloading法を取り入れました6。Partial unloadingはcomplete unloadingと比較して長期unloading による心筋組織萎縮の抑制とβ-受容体への反応性の改善を認め、適度な左室への負荷がmechanical unloading に重要な役割を果たすことを報告しました3。また、疾患モデルとして心筋梗塞モデルの他にブタ抽出ミオシン投与による自己免疫性心筋炎後の拡張型心筋症 (DCM) モデルに対する異所性心移植を試み、その結果DCM unloading 群は非unloading群と比較しβ-受容体への反応性は改善するものの、間質線維化の進行及び心筋の硬さ(stiffness) の増加を認め、このモデルでは線維化の進行を抑制する必要性が明らかとなりました1。 長期unloading で生じた副作用に対する1つの対応として、我々はDCM モデルへの徐放化増殖因子を用いた再生医療の併用を研究しております。現在DCM モデルに対する徐放化肝細胞増殖因子(HGF)の心機能および心筋組織に対する長期的な改善効果の検討を行っております。 DCM モデルに対する徐放化HGF の効果が十分得られた場合はunloading への応用が考えられ、これらが総合的に末期不全心に対する”bridge to recovery” の手段の1つとなり得ると考えています。

3. ラット人工心肺モデルを用いた臓器保護の研究
術前臓器障害を伴った心臓手術を想定し、独自にラット用人工心肺装置を作製し、人工心肺後の臓器障害悪化抑制の研究も行っております。

共同研究機関

主要論文

ページトップへ戻る

Contact

京都大学 心臓血管外科(京都大学医学部附属病院心臓血管外科病棟)
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel : 075-751-3788(病棟)075-751-3784(医局) Fax : 075-751-4960
Mail : cvs@kuhp.kyoto-u.ac.jp
Copyright © Department of Cardiovascular Surgery
Graduate School of Medicine, Kyoto University All Rights Reserved.