English
ページトップへ戻る

研究部門

研究グループ

大動物グループ

概要

当グループでは、イヌ、ブタ、ウサギなど、比較的大きな動物を用いて、より臨床に近い条件で研究を行っています。マウス・ラットなどと比べ、ヒトにより近い動物ですので、臨床応用に近づいた実験が可能です。新しいデバイスの開発など、臨床試験の直前、それに即した条件で動物を用いた試験を行うこともこのグループの役割の1つです。
実際の実験では、人工心肺やX線装置、あるいは糸や手術器具など、物品・機材のほとんどは病院で一般的に使われるものと同じものを使用しており、また、実験手技自体も患者様の手術とほとんど同様の手技で進められます。それぞれの実験の立案、計画、準備、施行に至るまでのすべての過程において、臨床的な手技・思考が求められます。臨床経験がある我々であるからこそできる研究といえます。また逆に、研究で得られた知識や技能を臨床に生かすこともできます。

 

メンバー

  • 石上雅之助(大学院生(博士課程))
  • 高井文恵(大学院生(博士課程))
  • 青木隆之(大学院生(博士課程))
  • これまでの在籍メンバー
    小山忠明、曽我欣治、福岡正平、野中道仁、増山慎二、島本 健、武田崇秀、上原京勲、斎藤成達(循環器内科)

研究内容

1.新たな大動脈ステント治療デバイスの開発(PTMC研究所との共同研究)
現在、PTMCバルーンや大動脈ステントグラフトの開発のパイオニアである井上寛治先生との共同研究で、新たな大動脈ステント治療デバイスや新しい動静脈フィルターの開発実験を行っており、早期の臨床応用を目指しています。また、その他の企業との共同研究も盛んであり、新たな治療デバイスや手術材料の開発に携わっています。

(図1)頸動脈への新型動脈フィルターの留置実験風景

(図2)頸動脈への留置後血管造影。留置による造影遅延を認めない。

(図3)留置後の下肢対麻痺を予防するための、肋間動脈への分枝付きステントグラフト。

2.左室形成術あるいは僧帽弁形成術の新たな術式の開発
また当グループ独自の研究として、大動物に人工心肺を用いて、左室形成術や僧帽弁形成術の新たな術式を開発し、大きな成果を上げております。

(図4)Chordal translocation 法による、乳頭筋と僧帽弁輪との力学的連続性を残した、機能的僧帽弁閉鎖不全に対する新しい術式(イヌを用いた実験)。

(図5)心尖部温存による新しい左室形成術(右)(イヌ心不全モデルを用いた実験)。左室線維の連続性がより保たれ、より良い術後心機能が期待できる。

3. その他進行中のプロジェクト
・長時間留置を目的とする血栓捕捉用動脈留置フィルターの開発
・iPS細胞を用いた心筋再生の研究
・先天性心疾患における右心不全に関する研究
・生体由来成分を含まない、新しいタイプの止血剤の開発

共同研究機関

主要論文

ページトップへ戻る

Contact

京都大学 心臓血管外科(京都大学医学部附属病院心臓血管外科病棟)
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
Tel : 075-751-3788(病棟)075-751-3784(医局) Fax : 075-751-4960
Mail : cvs@kuhp.kyoto-u.ac.jp
Copyright © Department of Cardiovascular Surgery
Graduate School of Medicine, Kyoto University All Rights Reserved.